お好み焼きとは

お好み焼きとは、小麦粉を基本とした生地にさまざまな具材を混ぜたり重ねたりして鉄板で焼いた料理です。
お好み焼きは、手軽に作れるということもあり、食事としてもおやつとしても人気があります。
お好み焼きの原型は東京を中心に広まっていた「もんじゃ焼き」。これが西日本で「お好み焼き」と呼ばれるスタイルにアレンジされて普及しました。よってお好み焼きは、以前は関西以外ではそれほど一般的なものではありませんでしたが、しだいに関西以外の地方にもお好み焼きの店舗が進出し、またマスコミなどで頻繁にお好み焼きの話題が取り上げられたこともあり、今では全国的に有名な料理となっています。
お好み焼きとして有名なものは大きく分けて2種類あります。一つが関西風お好み焼きで、もう一つは広島風お好み焼き。この2つは、同じお好み焼きとはいえ、具材も見た目も味もかなり違いますので、どちらも一度試してみる価値はあるでしょう。

モダン焼きとは

モダン焼きとは、具として焼きそばを入れた関西風お好み焼きのことです。
モダン焼きは別名を「そばのせ」ともいいます。モダン焼きの作り方は大きく分けて2通りあり、
・焼きそばを敷いたりのせたりして作るタイプ
・焼きそばをお好み焼きでサンドイッチのように挟むタイプ
があります。
モダン焼きの焼きそばには、あらかじめ茹でたり蒸したりしたものが使われますが、多くの場合はこれをさらに炒めて(時にソースで味付けして)具として使います。
モダン焼きは、多くの場合、焼きそばだけでなく、豚肉やイカ、タコといった、普通のお好み焼きの具も一緒に入っているので、見た目同様に食感も、かなりボリュームがあります。
モダン焼きも、普通の関西風お好み焼き同様、お好み焼き専門店だけでなく、家庭でも気軽に楽しまれています。

モダン焼きの作り方

モダン焼きとは、焼きそばを具材とした関西風お好み焼き。しかし、家でお好み焼きを作ることがすっかり定着している関西では、モダン焼きも、店や家によって、さまざまなバリエーションが存在します。

モダン焼きの作り方の一例としては、
(1)まずお好み焼きの生地(キャベツ入り)を鉄板に流し込み(生地は少し残しておく)、具をのせて普通にお好み焼きを焼く。
(2)お好み焼きを焼いている横で、焼きそばを焼き、軽くソースで味付けする。
(3)お好み焼きの上に焼きそばをのせ、その上から残りの生地をかける。
(4)裏面が焼けたら引っくり返す。
(5)お好み焼きの横に卵を割り、軽く黄身をつぶして焼く。
(6)卵が半熟の状態で、上にお好み焼きをのせ、引っくり返して出来上がり。

モダン焼きは、広島風お好み焼きの作り方を取り入れて作られることも多いようです。モダン焼きにはほかにもさまざまなレシピがありますので、自分に合ったレシピを探してみてください。

スポンサードリンク